社員対談(土木部門)Introduction of staff No.1

現場管理人 社員対談 2012年入社神谷英司 2017年入社赤川樹生

コンテンツ

入社を決めた理由

私は大企業ではなく、中小企業で働きたいと考えていました。中小企業の方が、社員間の繋がりをより感じられたり、会社の成長も実感することができると思ったからです。その中で、新日本工業を見つけ、内定をもらったので、縁を感じて入社を決めました。

高校時代は野球ばかりやっていて、進路をあまり考えられていなかったのですが、学校の先生に新日本工業を薦めてもらったのがきっかけです。そういった縁があり、入社を決めました。

入社前と入社後のギャップについて

入社前は社長の「社員の幸せを考えている」という言葉を聞いて、半信半疑な部分があったのですが、入社後に福利厚生などが充実しているのを感じて、本当に社員のことをしっかり考えてくれているんだなと実感しました。
あとは現場の所長さんたちがすごい強面で(笑)こわいなと思っていましたが、実際入社して話してみるととても明るくてフランクな方々だったので、良い意味でギャップがありました。

私も、入社前の職場見学で所長さん達にこわい印象があったのですが、実際はアットホームで親しみやすい人たちでした。
入社前は仕事内容があまり分からなかったのですが、いざ現場にでてみると仕事も幅広く、責任もあるので、想像以上に大変な仕事だなと思いました。その反面、達成感も得られる仕事だと思い、入社してはじめてわかったことが多かったです。

一日の仕事の流れ

基本的に現場にいることがほとんどですね。あとは発注者に提出する書類や図面作成を事務所で行っています。1、2年目のうちは現場でとにかく経験して覚えていく方が飲み込みも早く良いと思っています。

私はほぼ現場に出ています。現場の整備から、点検や測量を行っています。具体的な作業としては現場の写真撮影が多いですね。2年目なので先輩の神谷さんのもとで学ばせてもらっています。

この仕事のやりがいとは

まっさらな土地に新しいものが出来上がって、地図に載るような大きなモノづくりに携わっていることがやりがいですね。長い期間をかけて苦労もあった中で、カタチとして残るというのは、大きな達成感に繋がっています。

私は入社してから2つ目の現場なので、まだまだこれからですね(笑)やりがいはこれから色々な現場を経験していって、学んでいきながら感じていきたいなと思っています。

仕事の中で大変だった経験

私はこれまで街中の工事が多く、住民の方々にしっかりアナウンスをして理解を得るために住宅を回ったりすることもあったので、はじめは辛いなと思うことがありましたね。でもそうやって住民の方と接していると味方になってくれるので、現場の作業もスムーズに進めていくことができます。住民の方との付き合い方は難しいですが、大切なことだと思います。

私は2年目で分からないこともまだまだ多いのですが、現場監督として作業員の方に聞かれたことに答えられないと、その時は落ち込みますね。はじめは仕方ないと思いながらも分からないことを無くしていこうという意識で、神谷さんに教えてもらいながら頑張っていきたいなと思います。

休日の過ごし方について

休日は・・・筋トレでしょ?(笑)

そうですね。ジムに通っています。この前は夜から友達と茨城にいってご飯を食べたり、ボーリングしたりしました。暇な時間を作りたくないので、アクティブに過ごしています。

私は真逆ですね(笑)ずっと映画みたり、家で過ごしてますね。前までは筋トレしたりジムに通ったりもしてたんですけど、週明けに疲れちゃうので今は体力を温存してます(笑)

仕事を通じた目標について

とにかく所長として、一つの現場を任せてもらえる立場になりたいなと思っています。新日本工業は、4、5年目で現場を任せてもらえるぐらい若いうちから色々なことを経験させてもらえる環境があるので、くじけそうな時もありますが、これからも色々な現場を経験して、所長になることを目標にやっていきます。

2つ目の現場に配属され、仕事量が増えたと感じていますが、先輩を見ていると数十倍やることも多くて大変だなと思います。先ずは今任せられている仕事をいかにミスなく、100%の状態に近づけられるように頑張っていきたいです。

新日本工業を一言で表現すると

若くて仲の良い会社です。20代後半には所長として現場で活躍している人も多いです。他社の現場を見ると若手社員に任せているところはやっぱり少ないですね。それを見ていると新日本工業は若いうちから活躍できる環境があるんだな~と感じます。それがやりがいにも繋がると思います。

私も若さがある会社だと思います。同じ仕事をしている周りの友達は、まだまだ研修をしている人も多く、現場ではなかなか仕事を任されなかったりするみたいです。他社とは経験できる量や内容も全く違うので、新日本工業に入って若いうちに色々な経験をさせてもらっているなと実感しています。

あとはイベントごとも多いよね。スポーツフェスや部活動があったり。若手社員だけの集まりがあったりします。

イベントごとでは、私も部のソフトボール大会に参加したりしています!イベントごとが活発なので、その分社員同士のコミュニケーションが図れます。

こんな人と一緒に働きたい!

この仕事に興味を持っている人。疑問に思ったり、好奇心を持てる人ですかね。これまで全く違うことをしてきたとしても、興味があれば仕事も面白くなるし、続けていけると思います。入社してからはじめの頃は細かい作業や雑務も多いので、そういった中でも面白みを感じていくためにはこの仕事に興味と、好奇心があることかなと思いますね。

私は高卒で入社したので、もっと多くの高卒の人にも入社してほしいなと思いますね(笑)

学歴は気にすることないよ!これから大卒で入ってきたり、中途採用で入ってくる人もいるだろうけど、年齢が上でも気軽に接することができるアットホームな雰囲気が新日本工業にはあるので。

求職者に向けてメッセージ

新日本工業だと若い人が多くて、現場でも近い年代の人と一緒に仕事ができるので働きやすい環境があるのかなと思います。イベントごとも活発で、社員同士の繋がりも多く相談しやすい環境があるので、そういった社風をぜひ感じてもらいたいです!

イベントの中でも若手社員だけのイベントがあります。若手社員同士だと分からないことや仕事のことも共有しやすいので良いなと思いますね。あとは、先輩に指導してもらいながら一緒に現場で経験ができる体制があるので、不安があっても安心して入社してもらいたいです!